月別アーカイブ: 10月 2013

函館大妻高校代表生徒が大妻学院を訪問

平成25年10月25日(金)9:00に函館大妻高校の代表生徒4名と引率の先生、池田校長先生が大妻学院においでになりました。

函館大妻高校は毎年修学旅行の最終日に大妻を訪問することが恒例になっており、今年も学院の事務の方と一緒に記念会から井上がご挨拶をいたしました。

皆さんは本館11階の神前で拝礼をした後、博物館で真家教授から大妻コタカ先生や大妻の歴史の説明を受け、大妻講堂の見学をし、他の生徒たちの待つ原宿へと向かいました。

 

 

 

 

 

函館大妻高校は今年創立90周年を迎える伝統ある高校で、初代校長の外山ハツ先生が大正13年(1924年)に「函館大妻技芸学校」を創立したことに始まります。

この日は、コタカ先生と外山ハツ先生が並んでいる昭和31年撮影の写真を皆さんにご覧いただきましたが、外山ハツ先生は28歳の時、学問への強い志を胸に上京し大妻に学びます。

その熱心な姿勢を示すエピソードとして、『夜遅くまで電気の付いている部屋がある。それは外山先生の部屋であることを知ったコタカ先生は、外山先生を呼んでピアノの裏で縫物をすることをさせてあげた。』と池田校長先生は話していらっしゃいました。

優れた資質を認めていたコタカ先生は、学業を終え故郷の函館に戻った外山先生の「大妻」の名前を付けた学校設立の申出を受け、これを許可され、学校運営に大変力を貸されたそうです。爾来90年、同じ校訓「恥を知れ」を掲げ、丸に糸巻きの校章のもと女子教育にあたり現在に至っています。また、校歌も大妻の旧校歌のメロディーをそのままに歌い継がれています。

池田校長先生は、創立者の建学の理念を今後もしっかりと生徒に伝えていきたいと話していらっしゃいましたが、函館の地にもコタカ先生の教えが浸透していることに改めてコタカ先生の偉大さを感じることでした。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 函館大妻高校代表生徒が大妻学院を訪問 はコメントを受け付けていません。

講習会『韓紙(はんじ)工芸』

地方での講習会として、『韓紙(はんじ)工芸』講習会(中級編)が大妻同窓会埼玉の協力により、10月11日(金)大宮の川鍋ビルにおいて開催されました。

記念会から私(井上)とともに参加した担当の内藤も、昨年の初級を飛び越えての中級からの参加で、うまくできるだろうかという気持ちでいましたが、テーブルごとについて教えてくださる埼玉の役員さんのおかげで、参加した方々と和やかにおしゃべりしながら進めることができました。

まず、このような箱の完成を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

箱の模様はテーブルによって異なり、カラフルなきれいな箱が出来上がりました。

家でお菓子を入れたり、思い出の品を入れておくのに丁度いいな~と嬉しく思いました。

箱が出来上がった人は、次に韓国風のし袋の制作。水引がキラキラしているのは、いかにも韓国風。

 

 

 

 

午後からは、小物入れ(リモコン入れ)の制作。用意された色とりどりの用紙の中から、自分好みの色を選び、貼り付けていきます。

色の組み合わせにより、作る人のセンスがきらりと光るステキな箱ができあがりました。

こうして皆さんとお話をしながら手を動かしてのとても楽しい一日がおわりました。

同窓会埼玉の皆様には、準備からすべてお世話になりました。感謝申し上げます。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 講習会『韓紙(はんじ)工芸』 はコメントを受け付けていません。