月別アーカイブ: 1月 2012

生涯学習講習会 「書道」

今年度も終盤になり、昨年5月から始まった生涯学習講習会「書道」は1月21日が最終回になりました。

今年度は『仮名の臨書と創作』(百人一首を中心に)をテーマに全10回の課程を設定しました。受講生の皆さんは熱心にお稽古に励まれ、回を重ねるごとに実も上がり、21日に修了の運びとなりました。

 

 

 

昨年10月には大妻女子大学の文化祭に作品を出展し、来場の方々にも成果をご覧いただきました。

 

 

 

 

 

最終回の21日には講師の伊奈葉佐千子先生(大妻中学高等学校教諭)から修了証を渡していただきました。

 

 

 

 

 

 

来年度も「書道」の講習会は継続します。初心者の方も大歓迎ですので、どうぞ奮ってご参加ください。

この生涯学習講習会は他にも「花」~フラワーアレンジメント~、「俳句」、「着付け」があり、来年度からは「英語に親しむ」講座も加わる予定です。

会員以外の一般の方も参加いただける講習会ですので、ご遠慮なくお申し込みください。内容、申し込み等の詳細は、会員の方には4月にお届けする『ふるさと通信』でお知らせいたしますが、一般の方はホームページでご確認ください。来年度もたくさんの方のご参加をお待ちしています。 

                                (2012年1月24日記)

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 生涯学習講習会 「書道」 はコメントを受け付けていません。

寒中お見舞い申し上げます

一年のうちでもっとも寒い時期ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

ここ東京では連日カラカラ天気が続き、乾燥記録が更新されています。雪国では多雪の記録が出たり、一方沖縄では超早場米の田植えが始まったというニュースに、長い日本列島とはいえ、あまりの気温差に驚くばかりです。

1月6日に寒の入り(小寒)、今週末の21日には大寒、そして2月4日に立春と段々と春に向かって季節が移っていきますが、ご存じのようにこの小寒、大寒、立春…は二十四節気といわれるものです。季節の推移をあらわすものとして、立春の後には雨水、啓蟄、春分…と続きます。

この二十四節気の約15日の間を、さらに3つに分けて、ほぼ5日ごとにその時候の特徴的な自然現象をあてた七十二候というのをご存知でしょうか。最近JRの車内の映像でも紹介されているので、目にした方もいらっしゃるかと思います。

この七十二候の1月は、1日~5日が雪下出麦(せっかむぎをいだす・雪の下に麦が芽を出す頃)、6日~10日が芹乃栄(せりすなわちさかう・セリが盛んに茂る頃)、11日~15日が水泉動(すいせんうごく・泉の水が温かみをもつ頃)、16日~20日が雉始雊(ちはじめてなく・雄のキジが雌を求めて鳴く頃)、21日~25日が款冬華(かんとうはなさく・フキノトウが出始める頃)、26日~30日が水沢腹堅(すいたくふくけん・厳しい寒さで沢がすべて凍る頃)、31日~2月3日が鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす・ニワトリが卵を産み始める頃)、と続きます。

先人の季節の移ろいへの豊かな感性を、このような言葉の中からも改めて知り得た思いです。四季の変化がある日本だからこそ享受できる細やかな感覚を大切にしたいと思います。 

大学入試センター試験が終わり、大妻でも大学入試、中学入試が本番を迎えます。受験生の健闘を祈り、合格の暁には大妻の学生、生徒として、記念会とのご縁ができることを楽しみにしています。                                                                       (2012年1月17日記)

 

 

カテゴリー: 未分類 | 寒中お見舞い申し上げます はコメントを受け付けていません。

年頭のご挨拶

新しい年を迎え、今年一年が皆様にとりまして幸多きよき年になりますようようお祈り申し上げます。

今年は壬辰(みづのえたつ)の年。広辞苑によれば、たつ(竜、龍)は大海や地底に住み、雲雨を自在に支配する力を持つとされ、またすぐれた人物のたとえにもされています。このような強い力を得て、今年の大妻コタカ記念会が”昇り竜”のごとく発展することを願うものです。

昨年秋にブータン国王が来日され、印象に残る言葉を残されました。「皆さんの心の中に人格という竜が存在し、『経験』を食べて成長します。ですから私たちは年をとって経験を積むほど強くなるのです」

大妻コタカ先生の、何事にも前向きに取り組む姿勢とも重なり、とても感銘を受けました。

大妻コタカ記念会は昨年、一般財団法人一年目として、地方での文化講演会を初めて開催するなどの新しい経験をしてきました。その経験を土台として、さらに経験を重ねて、強い大妻コタカ記念会になることを目指していきたいと思います。

今年も大妻コタカ記念会へ、会員の皆様のお力をお寄せいただきますようよろしくお願い申しあげます。

                    会長 井上小百合 (2012年1月5日記) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 年頭のご挨拶 はコメントを受け付けていません。