函館大妻高校の生徒さん来訪

1016日(水)、今年も北海道の函館大妻高校の代表生徒さん5名と引率の先生が、修学旅行の途中のこの日、大妻学院においでになりました。

創立者外山ハツ先生は大妻で学び、大妻コタカ先生に大妻の名前を付けた学校の設立を認めていただいた函館大妻高校は、2023年には100周年を迎えます。

大妻学院と同じく「恥を知れ」の校訓を掲げ、家政科(ファッション造形コース、子供文化コース)、福祉科、食物健康科、普通科に分かれて、それぞれに自分の将来をしっかり考えている様子が、来られた生徒さんから伺い知ることができました。

修学旅行はこの後も続きますが、高校生活を大いに充実して過ごしてほしいと皆さんにエールを送りました。

 

カテゴリー: 未分類 | 函館大妻高校の生徒さん来訪 はコメントを受け付けていません。

第27回「風そよぐコンサート」

 

10月6日(日)、大妻コタカ先生生家で「第27回風そよぐコンサート」が、大妻コタカ記念会主催で開催されました。

秋晴れのさわやかな気持ち良いこの日の演奏は、和の楽器(筝、篠笛)と洋の楽器(サックス、シンセサイザー)のコラボレーション。

どのように曲が表現されるのかとても興味深く、違和感はないのだろうかという懸念もすべて取り払われた素晴らしい演奏が繰り広げられました。

篠笛による「荒城の月」から、演奏会が始まりました。

素晴らしい音色で曲の情景が自然に浮かんできました。

八橋検校(やつはしけんぎょう)作の筝曲の名曲「みだれ」は、サックスと十三弦筝で、粉雪から吹雪にかわる様がダイナミックに奏でられました。

また、十七弦箏、十三弦箏、サックス、シンセサイザーによる「煉獄」は迫力に満ちた激しい演奏で圧巻でした。

この日に演奏してくださった6人の方は、8月に広島で行われている灯篭流しなど、数々のイベントで一緒に演奏しているそうで、息もぴったりという感じが伝わってきました。

いつもこのコンサートには遠くから楽しみにして来られる方も多く、手作りのお弁当も楽

おいしいお弁当付きです

しみの一つです。

 

 

長く続くこのコンサートが、これからも多くの方に楽しんでいただけるようにと願い閉幕となりました。

カテゴリー: 未分類 | 第27回「風そよぐコンサート」 はコメントを受け付けていません。

世羅における講演会

10月5日(土)午後、大妻コタカ先生のふるさとである広島県世羅の太田庄歴史館において、「大妻コタカ~世羅が生んだ女性教育者~」と題する域学連携講演会を大妻コタカ記念会主催で開催し、私、井上が講演をさせていただきました。

昨年、この日と同じ大田庄歴史館で行った、大妻女子大学人間生活文化研究所主催「大妻コタカの生涯と大妻学院の歴史」の展示を引き継ぐ形で、より多くの方に「大妻コタカ」を知っていただくよう、講演会の機会を持たせていただきました。

事前に世羅の広報誌やケーブルテレビにより告知され、更には中国新聞にも掲載され、予定された会場の席はいっぱいになり有り難いことでした。

記念会会誌「ふるさと」をご覧になって来てくださった大妻同窓会広島・世羅の方々、共催いただいた大妻コタカ先生顕彰会の方々、昨年の展示を見足りない、新聞や広報誌を見て来てくださった地域の方々など、たくさんの方においでいただきました。

講演ではコタカ先生の生涯をたどりながら、コタカ先生の目指す教育がどのようなものであったか、それをどのように実践して、開塾から110年を経た現在の大妻学院に発展していったかについてお話させていただきました。

 

らに、夕刻から二度目の講演会を世羅町の西上原上集会所で、西上原上コミュニティー推進協議会教育文化部の主催で開催いたしました。

内容は午後の部と同様ですが、こちらにも地域の方がたくさん来てくださいました。

小さかった頃大妻女子専門学校に来られたコタカ先生に声をかけてもらった思い出を話してくださったり(写真右)、「ごもくめし」の本を読んでいたが話を聞いて一層コタカ先生のことがよくわかったという声もいただきました。

多くの方からおおむね良い評価をいただけて安堵するとともに、偉大な女性教育者であるコタカ先生をより理解していただけたことに感謝する次第です。

このような機会をいただきました世羅町教育委員会をはじめ関係の皆様に心より御礼申し上げます。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 世羅における講演会 はコメントを受け付けていません。

大妻神社・野々宮神社 秋の例祭

9月23日秋分の日、長野県松本市梓川倭にある大妻神社の秋季例祭が行われました。

台風の影響が心配されましたが、時おり強い風が吹いたり、雨が降ったりするものの、秋のお祭りにふさわしい一日でした。(写真:雨上がりの虹)

昨年、近くの野々宮神社にあった大妻コタカ先生揮毫の額が大妻学院に寄贈されたご縁で、今年からは野々宮神社への参拝をし、大妻神社へ回ることにしました。(野々宮神社にはレプリカの額、そしてその横には日めくりも掲げられています)

また、今年は大妻学院理事長の伊藤先生も両宮に参拝され、大妻家発祥のこの地をご覧になられました。(同窓会長野の皆様と)

8月には強風により、境内の杉の木が26本倒壊する被害があったそうですが、地域の皆さんでその始末をされ、この日のお祭りを迎えられました。

今年も大妻同窓会長野の方々が来てくださり、境内の諸物のいわれをお伝えしたり、近くの大妻氏居館跡も見学。

お祭りは例年勇壮な山車の引き回しを見せてくれます。山車の中では小学生の男の子たちが、太鼓をたたき一層お祭りを盛り上げていました。

刈り取りを待つ黄金色の稲穂が風になびき、信州の山々の美しい光景を目にして、秋の心地よい一日を過ごしました。

 

カテゴリー: 未分類 | 大妻神社・野々宮神社 秋の例祭 はコメントを受け付けていません。

大妻同窓会新潟の総会

77日(日)、大妻同窓会新潟の同窓会が開催されました。七夕のこの日、会員の方々は一年に一度の総会で皆さんとお会いできることを楽しみに集まってこられました。

今年は役員改選の年にあたりますが、これまでの方が引き続き役員として会の運営にあたることを含めて、議事はすべて皆さんからの承認を得ました。

その後は、「あなたの知らない大妻の歴史」の映像を皆さんに見ていただきました。

新潟では昨年も見ていただいたのですが、昨年来られなかった方もあり、再度の企画となりました。

私も所々で解説を補足し、懐かしい校舎の映像や、大妻の発展してきた様子、コタカ先生のお声やにこやかなお顔に、皆さんそれぞれに学生当時を思い出されていました。

その後はお食事をいただきましたが、皆さんの一言ずつのお話には共感したり感心したりの楽しい時間となりました。

今年は梅の実がたくさんできたので梅干を作って皆さんに差し上げ喜ばれていること、健康のために毎日何千歩も歩いていること、病気を患い健康の大切さを痛感したこと、あちこちの寺社巡りをして御朱印帳もたまって嬉しいこと、つい先日趣味の仲間とベトナムに行ってきたこと、寮で一緒だった人と今も親交が続き、先日の地震ではすぐにメールが来て嬉しかったこと、等々、皆さんの明るく前向きな話に、今日ここに来てお会いできてよかったという声をたくさん聞きました。

また来年、皆さん元気にお集まりになれますように。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 大妻同窓会新潟の総会 はコメントを受け付けていません。

大妻同窓会宮城の総会

630日(日)、大妻同窓会宮城の総会がホテルメトロポリタン仙台で開催されました。

この総会へも大妻コタカ・良馬研究所の高垣佐和子さんが卒業生への聞き取り調査のために同行されました。

ご自身の病気や家族の方の介護など、様々な状況を抱えている方が多く、それでも皆さんと顔を合わせることを楽しみに集まってこられました。

ご主人の転勤で数年前に仙台に移ってこられ、知っている人が誰もいない所でこの同窓会に数年前から参加している若い方も出席されました。先輩方に子育ての迷いを相談したり、仙台のおいしい野菜を使ったお漬物の作り方を教えていただいたり、同窓会の良さ、人とのつながりの有難さを身に染みて感じておられます。

この方が新代表として、これからの宮城を牽引していくことになりました。

みんなで支えるから、という皆さんの声に励まされ引き受けられましたが、若い力を大いに発揮していかれるよう期待するものです。

宮城の皆さんお世話になりました。

 

カテゴリー: 未分類 | 大妻同窓会宮城の総会 はコメントを受け付けていません。

大妻同窓会広島・世羅の総会

624日(月)、前日の福岡から広島に移動して、大妻同窓会広島・世羅の同窓会に会長井上が参加しました。この日も卒業生の聞き取り調査で大妻コタカ・良馬研究所の高垣佐和子さんが参加しました。

場所は広島駅近くのホテルグランヴィア広島。

の同窓会は、大妻コタカ先生のおひざ元の地であることから、ここから上京し昼間は大妻の様々な仕事に就き、夜は二部の授業を受けていた卒業生が多くいらっしゃいます。中にはコタカ先生のごく近くで過ごされた方もいらっしゃいます。

また、校舎の地下に住み、大妻の夜警のアルバイトをしながら大学(もちろん他の大学)に通っていた男性の方もいて、その方々も毎年この同窓会に参加されています。

今年は3名の男性の方がおいでになり、当時の大妻の様子などを教えてくださいました。

総会は議事の承認の後、昨年の「青葉の集い」でご覧いただいた「あなたの知らない大妻の歴史」の映像を皆さんにご覧いただき、井上が解説をしていきました。

懐かしい映像に、「この時代に私がいた!」という声も上がり、教えを受けた先生の姿にも歓声が上がりました。

美味しいお食事をいただきながら、一年ぶりにお会いした皆さんのお話は尽きず、時間はあっという間に進み、また来年の再会を期し閉幕となりました。

 

カテゴリー: 未分類 | 大妻同窓会広島・世羅の総会 はコメントを受け付けていません。

大妻同窓会福岡の総会

623日(日)、大妻同窓会福岡の総会が開催され、会長井上が参加いたしましたが、他に大妻コタカ・良馬研究所の高垣佐和子さんが聞き取り調査をする目的で参加いたしました。

同窓会福岡は今年20周年を迎えましたが、年々会員数の減少が気がかりであるものの、この日は出身が大分の方が東京から出席されたり、久しぶりに参加された方もありました。

総会議事はすべて承認され、写真撮影をした後、お食事をいただきながら和やかな時間を過ごしました。

大妻に入学するのに38時間かけて東京まで行った方、5人姉妹(4人姉妹の方もいらっしゃいました)がすべて大妻の方、今だから言える学生時代の話、などなど話は大いに盛り上がりました。

遠い九州から東京に来ることは、今から5060年前の交通事情を考えると、どんなに大変な事だったか、当時の苦労がしのばれました。

「今振り返って、東京の大妻に行くことができて、学生生活を送れたことは本当に幸せに思う。親に感謝。」という言葉が心に残りました。

久しぶりに福岡の総会に参加いたしましたが、皆さんの温かい気持ちに触れた一日でした。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 大妻同窓会福岡の総会 はコメントを受け付けていません。

風そよぐコンサート

69日(日)、広島県世羅町の大妻コタカ先生生家において、大妻コタカ記念会主催「第26回風そよぐコンサート」が開催されました。

今回は“春風に乗って湖面を渡るウクレレの調べ”と題して、ウクレレとピアノの演奏会で、演奏は寺本隆氏(ウクレレ)と寺本采可氏(ピアノ)のご夫妻。

 

会の始まる前には申し込まれた方に、「ごもくめし」特製のお弁当が用意されました。プラスされた”そうめん”が皆さんに大好評。

 

ウクレレと言えばハワイアンと単純思考であった私ですが、何と発祥はポルトガルでブラギーニャと呼ばれていた楽器がハワイに渡りウクレレと呼ばれるようになったとか。

ウクレレの演奏は、クラシックやロック、演歌などジャンルを問わず、優しい音色を醸し出すそうで、この日は「ダニーボーイ(ロンドンデリーの唄)」、「北国の春」、「アヴェ・マリア」、「涙そうそう」、「愛燦燦」などの様々なジャンルの曲をピアノ伴奏を入れながら演奏してくださいました。そして、もちろんハワイアンも。

会場にはこの日がお誕生日の方がおいでになり、ウクレレの伴奏で「ハッピーバースデー」を皆さんで合唱したり、和やかな雰囲気でコンサートは進んでいきました。

毎回欠かさず来てくださる方があったり、遠くから楽しみにおいでいただいたり、長く続いてきたこのコンサートのあたたかな雰囲気を感じ取ることができました。

生家の座敷の他に、庭に用意された席にもたくさんの方が座って、湖からわたる心地よい風を受けながら演奏に聞き入っていらっしゃいました。

おいでいただいた皆様、有難うございました。

また秋のコンサートをお楽しみに。

 

演奏者寺本采女さんのお父様が持ってきてくださったお花です。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 風そよぐコンサート はコメントを受け付けていません。

大妻同窓会山梨の総会

6月9日(日)大妻同窓会山梨の総会が、山梨市の「マネキン堂」で開催されました。

記念会から内藤が出席いたしました。3年前、「プリザーブドフラワー講習会」で伺って以来の訪問となりました。

11時半過ぎ、元代表の神宮司様も久しぶりに参加されて総会が始まりました。小川代表のご挨拶のあと、来賓祝辞を内藤が担当しました。議事は滞りなく進みました。今年は、役員改選があり、代表の小川様から推薦された窪田武子様が満場一致で新代表になりました。

また、顧問が3名、相談役7名と先輩方がしっかりと会を支えていて、同窓会山梨の67年間の歴史の重さを感じました。

この日初参加の若い方もいらっしゃいました。3年前、多摩キャンパスでホームカミング開催の折、ご講演いただいた吉田真弓さん「先日、役員の方が、お店に訪ねてきてくださり、初めて同窓会山梨の存在を知りました。」や、「卒業以来、同窓の方にお会いするのは久しぶりです。」という方もいらして、今後の同窓会山梨のパワーアップ、期待が高まります。

13時、写真撮影ののち、会食は、新代表窪田様経営「マネキン堂」の美味しいお弁当をいただきました。その後、DVD「あなたの知らない大妻の歴史」上映。

小川代表は昨年青葉の集いで井上会長の解説に感激して、同窓会山梨の会員の皆様にもお聞かせしたいとの思いがあったそうです。この日は小川代表がコメントを読み上げてくださいました。皆様、懐かしそうにご覧になっていました。

引き続き、「童謡を楽しむ会」(若林秀和さんのコンサート)がありました。みんなで合唱したり、歌詞の意味を解説してくださったり、素敵な歌声に聴き入ったり、ほっこりするひと時でした。

1540分、全員で校歌斉唱して閉会となりました。

同窓会山梨の皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。

 

カテゴリー: 未分類 | 大妻同窓会山梨の総会 はコメントを受け付けていません。