大妻祭に参加しました

10月28日,29日、大妻女子大学の文化祭「大妻祭」が開催されました。

大妻コタカ記念会も千代田校で参加し、大妻コタカ記念会の紹介、地方同窓会の活動の様子、「教えてコタカ先生」と題してコタカ先生の生涯をたどり、コタカ先生が学びへの強い志を育んだ故郷広島県世羅町の紹介、それらを展示して皆さんにご覧いただきました。

さらに、記念会の生涯学習講習会の受講者の方に協力いただき、作品を出していただきました。

花~フラワーアレンジメント~、手芸~羊毛フェルト~、かな書道、俳句の作品の数々、ボディーに着物姿を着付けて、それぞれの講習会の成果を見せていただきました。

 

その生涯学習講習会の実際の様子や、コタカ先生生涯にわたる社会的な活動など多方面で活躍する姿を映像でも見ていただきました。

今年も地方同窓会の方々が揃ってきてくださいました。

大きく変わった千代田校ですが、文化祭の様子にしばし学生時代を思い出されたのではないでしょうか。

時折強い雨が降るあいにくの天候でしたが、ご覧いただきました皆様、有難うございました。また来年も皆様においでいただきますよう願っております。

 

カテゴリー: 未分類 | 大妻祭に参加しました はコメントを受け付けていません。

大妻同窓会福島の総会

10月22日(日)、大妻同窓会福島の総会が今年は郡山ビューホテルアネックスで開催されました。

台風の影響が心配されていましたが、雨が降ってはいるもののまだ大きな影響もなく、皆さん一年に一度、会うことを楽しみにお集まりになりました。

最高齢は92歳。今も現役で地域の婦人会組織の代表を務めていらっしゃいます。

大妻同窓会福島は今年で設立10周年を迎えました。

途中には東日本大震災があり、一時は同窓会活動もままならない状況に陥りましたが、それを乗り越えてまた、このように同窓生同士のつながりを保つことができたことは、会員の皆さん一人一人の支えあう気持ちの表れだろうと思います。

私(井上)からは、「大妻の現在とこれから」と題して、大きく変わった千代田キャンパスや大学および中学高校の様子、そして大妻コタカ記念会について、時間をいただいてご説明いたしました。

大妻に通っていた頃のことを懐かしく語り合って盛り上がったり、年を重ねても生き生きと日々を楽しんでいる様子を伺ったり、お子さんやお孫さんの話に花が咲いたり、楽しい時間を皆さんと共有いたしました。

同窓会福島の皆さんの笑顔がいつまでも続きますように、そして設立20周年をまたお祝いしましょう。

カテゴリー: 未分類 | 大妻同窓会福島の総会 はコメントを受け付けていません。

ようこそ 函館大妻高校の代表生徒さん 

10月20日(金)、函館大妻高等学校の4つの科(家政科、福祉科、食物健康科、普通科)の代表の生徒さん4名と先生2名が大妻学院においでになり、学院の方々とご一緒に大妻コタカ記念会から会長の井上がお会いしました。

毎年修学旅行の最終日においでになりますが、今年の東京は気温が低い日が続いており、体調は大丈夫か心配していましたが、皆さん元気に楽しんで日程をこなしているとのことで、安心いたしました。

函館大妻高等学校の創立者である外山ハツ先生は、苦学しながらも優秀な成績を修められた大妻の卒業生です。

卒業後、学校の創立にあたり、大妻コタカ先生は特別に「大妻」の名前を校名につけることをお認めになり、校訓、校章、校歌も同じものにすることをお許しになりました。

1924年の創立から今年で93年、北海道函館の地で大妻の教育方針が脈々と受け継がれている学校で、志高く自分の夢に向かって進んでいる生徒さんへ、応援の気持ちがいっぱいになりました。

皆さんは大妻コタカ先生の祭壇にお参りをしたのち、大学校舎や博物館、そして大妻講堂を見学し、お友達の待つ原宿へ向かい、夕方の飛行機で函館に戻られます。

 

カテゴリー: 未分類 | ようこそ 函館大妻高校の代表生徒さん  はコメントを受け付けていません。

29年度文化講演会「祭りの様相」 第1回「天下祭りと山車人形」

今年度の大妻コタカ記念会文化講演会は「祭りの様相」を主題として、10月と11月の2回にわたり開催いたします。

その第一回が10月14日(土)に、「天下祭りと山車人形」をテーマとして開催されました。

昨年、「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産として登録されたことにちなみ、江戸の天下祭り【山王祭と神田祭】と、その主役である「山車」、「山車人形」についてを大妻女子大学博物館准教授である是澤博昭先生にご講演いただきました。

是澤先生はご専門であるひな人形の研究を始めとして、川越氷川祭の山車行事山車等修理検討委員会委員や佐倉市文化財審議委員などを務められ、赤坂氷川神社など各地の山車人形の調査に従事しておられます。

山王祭と神田祭は江戸の天下祭りと言われていますが、それはこの祭りが江戸城内において将軍の上覧があり幕府が祭礼費用の一部を負担していたことに由来するものでした。この二つの祭りは隔年交代で行われ、17世紀後半(元禄時代あたり)には天下祭りの形態が整っていたそうです。

更に時代は進み、幕末には下から見上げる「江戸型山車」に山車人形が誕生していき、19世紀以降に山車人形の注目度が本格的に高まるに至っていきます。

そして最後には、文化文政時代に人形師としてひな人形だけにとどまらず根付など大小さまざまな作品を手掛けた原舟月の名品を紹介していただきました。

人形は他のジャンルの美術品と違って、その人形に自分の思い出を取り込み語ることのできるものであるというお話は大変興味深く印象に残りました。

次回は「山王祭と江戸文化」について成城大学の滝口正哉先生にご講演いただきます。

どんなお話を伺えるか、大いに楽しみです。

たくさんの皆様においでいただきますよう、お待ちしております。

カテゴリー: 未分類 | 29年度文化講演会「祭りの様相」 第1回「天下祭りと山車人形」 はコメントを受け付けていません。

大妻神社の例大祭

9月23日(土)、長野の大妻神社の例大祭が行われました。

朝のうちの雨も上がり、秋空が広がった神社の周辺は刈り取りを待つ稲穂が揺れ、爽やかな風が吹き抜けます。

このお祭りの前に、大妻コタカ記念会と大妻コタカ・良馬研究所との合同調査として、以前大妻学院の依頼を受けて大妻神社に幟旗を奉納するにかかわった方からのお話や、大妻コタカ先生揮毫の額が掲げられている近くの野々宮神社を訪れ、元総代の方にコタカ先生がこの野々宮神社にお参りをした際の様子を伺いました。

 

 

 

お祭りは例年のように、小学生による舞の奉納がされ、境内に勇壮な山車が引き廻されました。

 

 

 

 

例大祭には長野の同窓会の方々、今年は伊那の方も参加され、にぎやかにお参りができました。

お世話になった同窓会長野の皆様、ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | 大妻神社の例大祭 はコメントを受け付けていません。

大妻コタカ先生・良馬先生ゆかりの方々を訪ねて

8月27日から30日まで、大妻コタカ記念会と大妻女子大学共同プロジェクトとの合同調査で、広島及び岡山に行きました。

1日目は世羅のコタカ先生生家の熊田喜賢さんにお会いしました。お元気でいらっしゃる様子に安心し、熊田家代々のお墓に連れて行っていただきました。そこにたたずみ現在に至るまでの長い歴史を感じました。

生家のすぐ近く、三川ダムほとりの大成龍神を祀る大龍神社は近年パワースポットとの呼び声高く、訪れる人も多いとか。

 

2日目はコタカ先生の生家を移築する際に、元の場所から現在地に搬送する作業にかかわった兼丸さんのお宅に伺いました。

解体した家の資材から庭の大きな石まで、オート三輪に載せて運んだ当時の様子を語ってくださいました。

現在残っている三川ダムができる前の集落の写真は、兼丸さんが中学の修学旅行に行く代わりに、親に無理を言って買ってもらったカメラに収められたもので、兼丸さんはその後も地元誌「びんごグラフ」の記者として変わりゆく土地の様子を撮影し続け、歴史を残してこられました。

さらに、高校からの推薦を受け大妻に進んだ卒業生の大元さんからもお話を聞きました。

3日目は大妻良馬先生の地、高知県の戸波(へわ)から4年前に娘さんのいらっしゃる福山に移られた片岡美千さんにお目にかかりました。

片岡さんは良馬先生の甥のお嬢さん(兄である大妻虎吉氏のお孫さん)で、東京大空襲の翌日に戦火を逃れて高知に戻るまでの5年間大妻で学ばれました。

校内で軍服を縫ったこと、布地を渡されて仕立て上げた着物をコタカ先生がお召しになったことなど、たくさんのことをお話いただきました。

大妻家に関する知り得ていないことを教えていただき、写真、史料も数多く残されていたことは今後の貴重な資料になるものと思われます。

大切に持っておられた大妻コタカ先生書の掛け軸を、床の間にかけ見せてくださいました。

片岡さんは90歳になる今もなお、手仕事は休むことなく続けておられ、今年は90枚のアクリルたわしを編み上げることを目指しているとのことで、そのたゆまぬ志の高さに感心いたしました。

4日目は岡山県新見市に、大妻の卒業生が創立した岡山県共生高等学校を訪問しました。

創立者の小林眞壽江氏は大妻に学び、小林景一郎氏と結婚し、夫の故郷の新見で裁縫塾を始めたことが学校の始まりです。

その後、夫の協力を得て昭和26年に学校の創立に至ります。

その5周年、15周年の際には大妻コタカ先生が来校され祝辞を述べておられます。

 

コタカ先生亡き後も内藤誉三郎先生との親交があり、校内には小林夫妻の写真と並んでコタカ先生と内藤先生の肖像画が掲げられています。

小林眞壽江先生は学園長として平成19年に亡くなるまで、精力的に学園の発展に力を尽くしてこられました。

大妻コタカ先生・良馬先生ゆかりの方々にお話をすることができた貴重な4日間でした。

ご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。

カテゴリー: 未分類 | 大妻コタカ先生・良馬先生ゆかりの方々を訪ねて はコメントを受け付けていません。

「第23回 風そよぐコンサート」のご案内

大妻コタカ先生の生家を会場にして行われているコンサートが、この秋も10月15日(日)に開催されます。

日曜日の午後のひと時を、ピアノの音色とともにソプラノの美しい歌声でお楽しみください。

カテゴリー: 未分類 | 「第23回 風そよぐコンサート」のご案内 はコメントを受け付けていません。

大妻コタカ先生の額

大妻女子大学博物館に大妻コタカ先生書になる「人己心気腹」の額が掲げられました。

この額は広島県世羅町で紡績関係の家業を営んでおられた松坂都さんからの寄贈を受けた伊藤妙子さんの特別のお計らいにより、このたび大妻学院に譲られ、博物館で皆様にご覧いただけるようになったものです。

コタカ先生は広島に戻られると、卒業生である松坂さんのお宅をよく訪ねられ、この書を残されたそうです。

ちなみに、この額は「人は大きく 己は小さく 心は丸く 気は長く 腹は立てず」という言葉の意味を文字の形で表現したもので、コタカ先生らしいユーモアにあふれるものです。

どうぞ直接ご覧になってください。

カテゴリー: 未分類 | 大妻コタカ先生の額 はコメントを受け付けていません。

卒業生へのインタビュー

大妻同窓会長野の皆さんのご協力により、2回にわたり卒業生へのインタビューができました。

第1回目は諏訪にお住いの原さんと熊澤さんのお二人。

原さんは諏訪高女卒業後の昭和16年、東京神田の岩波書店に勤務する傍ら大妻の夜学に通い教員免許を取得し、地元に戻り教員として長く勤務されました。

岩波の創業者である岩波茂雄は社員に夜学に通って勉強するよう勧め、原さんもその言葉で大妻に通うようになったとのこと。18年に卒業(繰り上げ)されますが、大妻の先生はみな立派で、今日の自分があるのは大妻で学ぶことができたおかげ、大妻に通ったことは誇りである、とお話しくださいました。

原さん(写真前列左)と村史の編纂作業で一緒になり、同窓であることが分かったという熊澤さん(写真前列右)は大妻出身の先生に大妻進学を勧められ、昭和28年に短大家政科に入学。瓶細工を習ったことなど当時の様子をお話しくださいました。

 

第2回目は伊那にお住いの松澤さんと小池さんのお二人。

松澤さん(写真前列右端)の通われていたのはコタカ先生が教職追放の時。助手の先生が「コタカ先生がこのようにおっしゃっています」というようにコタカ先生の教えを代弁されており、コタカ先生がいらっしゃらなくてもその教えは浸透していたこと、物のない時代での学びの様子などたくさんのことを伺い、お持ちいただいたアルバムも見せていただきました。

昭和41年3月卒業の小池さん(写真後列右端)は、学友会長をしていた大学3年生の時にコタカ先生の勲三等宝冠章受章のお祝いの言葉を述べたり、卒業式では送辞、答辞を述べる大変栄誉な役割を担ってこられ、当時の学生生活についてもいろいろお話しくださいました。

皆さんのお話を伺い、どの時代にあっても大妻では「学ぶ」ことの大切さを教え、「学び」がその人の人格形成をなし、その後の生き方の基盤をなすものであるという教えが続いていることを思いました。

快くお世話いただいた長野の同窓会の皆様に感謝申し上げます。

カテゴリー: 未分類 | 卒業生へのインタビュー はコメントを受け付けていません。

特別企画展のご案内(in昭和館)

九段下の昭和館で、特別企画展「昭和を生き抜いた女性たち~大妻コタカと大橋鎭子らが生きた時代~」が、7月22日から9月10日(10:00~17:00 月曜休館)まで開催されます。

昭和という時代に、様々な困難に出会いながらも社会的に大きな活躍をした女性二人を取り上げた企画展です。

大妻コタカは大妻学院を創立し女子教育に情熱を注ぎ、大橋鎭子は『暮らしの手帳』を創刊し女性の暮らしを豊かにする雑誌を作るために活躍を続けた、ともに昭和を代表する女性です。

入場無料ですので、皆様どうぞ足をお運びください。

昭和館ホームページはこちらです http://www.showakan.go.jp

 

カテゴリー: 未分類 | 特別企画展のご案内(in昭和館) はコメントを受け付けていません。